おすすめの消費者金融はどこ?

キャッシングをするとき、おすすめの消費者金融はどこ?それは多くの人が考えているかもしれません。借りやすいかどうかということで考えてみると、実は変わりがないということが言えます。

 

申し込み方法が簡単で、すぐに融資が受けられるということになればその違いはあるものではありますが、A社では審査に通過できなかったけれどもB社では審査に通過できたということはそれほど多いことではありません。

 

というのもそこにあるのは個人信用情報機関。ここは消費者金融での個人債務情報を共有しているところになります。事故情報というのをご存知でしょうか。返済を3か月以上滞納すれば悪質な債務者と判断されることになります。

 

債務整理を行ったとなればその情報も記載され、完済という責任から逃れたというレッテルが貼られるでしょう。間違いのない返済をしている、それが大事なことになります。借りやすいかどうかというのは業者による違いではなく、個人の債務履歴によるものであると考えることができます。

 

個人信用情報機関はマイナス面だけが記載されているものではありません。完済をしたという履歴があればそれも記載がされています。借金を滞りなく完済したという履歴は大きなプラスになるでしょう。借りやすい状況を作っているということができます。

 

お金借りる借りやすさだけを考えるのではなく、自分にとって返済が確実な借り入れ先を考えなくてはなりません。また、金利、手数料、返済方式。比較しなくてはならないことはたくさんあるものですね。

 

  おすすめ順 年利 限度額 総量規制
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 対象
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 対象
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円 対象外
三菱東京UFJ銀行
4.6%〜14.6% 10万円〜500万円 対象外

続きを読む≫ 2014/01/07 14:40:07

事業資金ローンを展開している消費者金融が増えてきました。
もともと事業性のある融資は嫌われている節がありました。
急な資金繰りに必要な資金を調達したい、それが安定した事業展開とはみなされないというのが正直なところかもしれません。
しかし、金利という消費者金融側にとっての保険が高くなるもののビジネスローンとして取り扱うところが多くなってきました。

 

それでもやはり金利が高いということは注意しなくてはなりません。
つなぎ融資として考えて使用した方がよいでしょう。
次の融資が確定する、そのときまでのつなぎです。
もしくは金融事態を回避するための資金として活用することには問題はないでしょう。

 

事業性のある融資が必要になったときには公的融資を一番に考えます。
公的融資は金利も低くなっており1%から5%程度と少額です。
それでも審査に時間がかかる、審査に通過できなかったというときには次は銀行の融資を検討しましょう。

 

今すぐ必要だったとしてもその金利が高くなれば後々の返済が困難となりそれだけ負担が大きくなります。
返済は元金により近いものにしておきたいところ。
今後の事業展開を考えるためにも考えたいところは多くあります。

 

現在の状況を脱出することができればそれだけ今後の展開が明るくなることもあります。
今資金が不足しているからと言ってあきらめなければならない状況でしょうか。
今を乗り越すことができれば先はまた明るい見通しになるかもしれません。

続きを読む≫ 2013/06/14 07:33:14

クレジットカードは、主にショッピングで使われていますが、消費者金融のように借り入れ(キャッシング)も利用できるカードが多くなりました。借入方法、金利、返済方法なども消費者金融とほぼ変わりません。

 

キャッシングは、銀行ATMばかりでなく、コンビニATMでも取引できるようになりましたので、非常に手軽に利用されるようになりました。しかも、インターネットサイトで利用することもできるので、24時間365日、所定の銀行に振込みすることができます(もちろん、銀行の営業時間内に限ります)。

 

一般的に、カード会社によって異なりますが、クレジットカードの限度額は、ショッピング枠とキャッシング枠が設定され、それぞれの限度額が異なります。ショッピング枠と比べると、キャッシング枠のほうが小さいです。借り手の返済能力に応じて、カード会社がそれぞれの枠の限度額を決定します。

 

そして、クレジットカードのキャッシングで注意すべきことは、「金利」と「返済方式」です。現在流通しているクレジットカードのキャッシング金利は、7%〜20%程度です。カード会社や商品、借り手の信用力で決定されます。それでは、借り手の返済能力・信用力とは何で判断されるのでしょうか。

 

それは、年収や職業です。役職や現在の住所に居住している期間などを調査するところもあります。また、返済方式でリボルビング方式を選ぶ人がいますが、返済金額の設定を低くしてしまうと、他の返済方式に比べて、返済する総額が膨らんでしまいます。リボルビング方式での返済額は最低額であることを認識しておきましょう。

続きを読む≫ 2013/06/14 07:33:14

学費を借り入れする場合、まず学費がどれくらいかかるのか把握する必要があります。教育ローンを組む前に、学費について計算してみましょう。学費を算定してから、その金額に見合った教育ローンを比較検討すべきです。

 

それでは、子供一人当たりの学費の参考数値を次に示します。私立大学を卒業するのに必要な学費は平均すると約500万円です。内訳は次のとおりです。1年間の高校の在学費用は、約93万円。高専・専修・各種学校の在学費用は、約145万円。短大の在学費用が約143万円です。

 

そして、大学での1年間の在学費用は約148万円で、国公立大学の初年度の学費は約106万円、私立大学では約165万円といわれています。さらに、交通費やアパート・下宿代も考慮しなければなりません。

 

さて、学費の概算を算出したのなら、次は借入先を検討しましょう。まず、選ぶべきは、奨学金制度です。奨学金は、日本学生支援機構、地方自治体、学校、財団、企業などが用意しています。奨学金はただで貰うだけの制度ではありません。貸付制度もありまして、無利子、無期限といったかなり有効なものもあります。

 

貸付制度に関しては、成績がさほど優秀でなくても受けられます。次に選ぶべきは、国民金融公庫などの公的ローン制度です。金利は低く、無担保で借りることができます。ただし、借入額は1人300万円までとなります。そして足りないものは、民間の教育ローンで補いましょう。労働金庫や銀行、損保、JAなどの金融機関が取り扱っています。

続きを読む≫ 2013/06/14 07:33:14

借入依存度とは、金融機関が融資先の返済能力を評価するときの指標です。次のような計算式で算定します。

 

借入金依存度 = 有利子負債 ÷ 総資産 ×100(%)

 

ここでいう有利子負債とは、利子を支払わなければいけない負債のことであり、具体的には「借入金や社債、割引手形」などを指します。また、総資産とは、他人資本(負債)と自己資本の合計額のことを指します。つまり、借入依存度とは総資産に対する有利子負債の比率です。

 

この借入依存度が高いほど、借入金の返済能力の評価は低いと判断されます。企業が、資産規模に対して、適当な水準で外部資金を抱えていなければなりません。通常、借入依存率が「50%を超える場合」は、外部資金を抱え込みすぎているため、借金体質であると判断され、金融機関の評価も低くなります。

 

それでは、健全な借入依存度とはいくらといわれているのでしょうか。それは、「30%以下」といわれています。その一方、財政面が危険水域にあると判断されるのは、卸売業で50〜55%、製造業で60〜65%程度と言われています。

 

しかし、借入金とはその企業が大きく進展するために必要なものです。そのため、借入依存度だけで、その企業の健康状態を測定するのは早計です。そこで、金融機関は、企業の運用能力をキャッシュフローでも評価します。

 

キャッシュフローとは次のような計算式で算定します。

 

キャッシュフロー = 経常利益 + 減価償却費 − 税等

 

近年では、キャッシュフローが大きい企業が融資を受けやすくなりました。

 

  おすすめ順 年利 限度額 総量規制
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円 対象
アコム
4.7%〜18.0% 1万円〜500万円 対象
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
3.0%〜17.8% 最高800万円 対象外
三菱東京UFJ銀行
4.6%〜14.6% 10万円〜500万円 対象外

続きを読む≫ 2013/06/14 07:32:14