どうやって借入するのがよい?

どうやって借入するのがよい?

借入する方法を選ぶのは意外と難しいものです。借りると決めた場合も、どうやって借入するのがよいのかは悩みの種となるかもしれません。それだけたくさんのローンがあり、その特徴やサービスも多彩です。住宅を購入したり新築したりする時には住宅ローン、自動車を購入する時にはマイカーローンといったように分かりやすい場合もあります。

 

しかし、こういったローンの目的に含まれない借入をしたい時には、どんなローンに申し込むのがよいのでしょう?自由に借入目的を設定できるローンとしては、カードローンやフリーローンがあります。

 

銀行などのフリーローンとカードローンの大きな違いは、フリーローンでは契約をして借入後完済してしまえばそこで契約も完了という点でしょう。再度お金が必要になった場合は、また申し込みからスタートです。カードローンなら完済しても解約しなければそのまま契約が残っています。再度借入したい時には、その前に利用していた方法と同じように、ネットやカードなどで借りればよいのです。

 

カードローンの限度額が大きなものが登場していることを活かす方法もあります。マイカーローンや結婚費用を準備するブライダルローン等、いわゆる金融機関で目的ローンに分類されることが多いローン商品がありますね。そういった借入目的が明確になっている場合でも、カードローンを利用するのです。

 

カードローンは借入目的を自由に決められます。また借入目的を金融機関に申告しますが、目的ローンのようにそれを証明する書類を必ず出さないといけないということもありません。少ない書類を提出することで借入が可能になる場合が多いのです。

 

もちろんどうやって借入するのがベストの方法になるのかは、申し込みをする方によって違いがあります。自分の借入への希望やプランをしっかりと出しておくことで、より良い方法が見つかるのです。

 

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
1.7%〜17.8% 最高800万円
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

ホーム RSS購読 サイトマップ