やっぱり返済は重要なこと

やっぱり返済は重要なこと

借入ではきちんと返済の計画を立てておきましょう。申し込みする前には、借りられるまでの段階までしか考える余裕がないこともあります。「借りてしまえばなんとか返せるだろう。」この予測では失敗してしまうかもしれません。

 

返済しやすい金額というのは、それぞれの方によって違いがあります。住宅ローン等では目安は収入の25%〜35%などといわれています。カードローンであれば、一定額を毎月あるいは一定の日数の周期で返済していくリボルビング方式による返済が多いです。月々の最少返済額が低いカードローンも増えています。

 

返済ペースをつかみやすいのが、最少返済額の低いローンの特徴でしょう。当初はなかなか借入残高が減っていかないのですが、出費の予測はしやすいです。そのため、カードローンは計画的なお金の使い方の一つとして、ぜひ採用したい方法なのです。

 

収入を突然増やすことは難しいわけですから、返済額を慎重に決めることは大切です。多めに返済額を設定してしまうと、借入残高は減るもののそれを長く続けることは難しくなります。借入額が大きく返済期間が長期になる場合は、毎月の返済額は余裕をもった設定にしておくほうが安心です。毎月必ず返済する額を約定返済額といいますが、この額は低めに、余裕のある時に随時返済を取り入れるのがよいでしょう。

 

住宅ローンでは繰り上げ返済をすると手数料がかかる場合もあります。カードローンでは、繰り上げ返済や随時返済をしてもとくに手数料がかからないものも多いです。ATM返済をする場合は利用手数料には注意をしたほうがよいですが、ATM利用手数料が一切かからないカードローンもあります。

 

確実に返済できる額から借入額を決定することで、余裕のある返済ができます。必要な金額をきちんとシミュレーションなどで検討しておくことも、ゆったりとした返済を可能にするでしょう。

 

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
1.7%〜17.8% 最高800万円
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

ホーム RSS購読 サイトマップ