いくらぐらいまで借りても大丈夫?

いくらぐらいまで借りても大丈夫?

お金はいくらぐらいまで借りても大丈夫なのでしょうか?大丈夫には色々な意味が含まれることになりますが、これも借りる方によって違いがあります。返済においてこれまでの生活のペースを全く変えない状態が良い方もあれば、多少は切り詰めても早く返してしまいたいという方もいるでしょう。

 

借入額と返済期間にもこの状態は大きく左右されます。多少切り詰めて返済というのも短期間だからできることであって、何年という単位になるとそれは返済不可能ということです。いくらぐらいまで借りても大丈夫なのかを自分で把握する時に役立つのが、返済シミュレーションです。

 

ローンなどのサイトで、試算することができるシミュレーションがよく見つかりますね。借入額から、月々の返済額と返済期間を把握するものが多いです。色々な数値を入れることで試せるようになっています。返済期間がこれぐらい長くても大丈夫だろうか、毎月の返済額がどれぐらいなら余裕を持って返済できるだろうかと、自分で予測してみましょう。これは必ず申し込み前にやっておくとよいですね。また、シミュレーションに加えて、自分の返済方法などをイメージしておくことも大切です。

 

毎月の返済額は数値では分かっても、実際に収入から出ていくと考えてみなければ、返せないほどの額を借りてしまうことにもなりかねません。他の出費などとも併せて考えてしっかりと計画を立てておきましょう。

 

借入の計画に基づいて、いくら借りるのかを決定することになります。ローンに申し込みをするそれぞれの方によって必要な金額も違えば、目的も違ってきます。返済できる額にも大きく違いがあるものでしょう。ローン利用前には、自分がどのようにお金を借りるのかをしっかりと考えておきましょう。また、貸金業者からの借入は総量規制に基づいて、年収の3分の1までしか借りることができません。貸金業者からの借入額を総合計した額です。消費者金融などのキャッシングだけでなく、クレジットカードのキャッシングもこの額に含まれますので注意しておきましょう。

 

  おすすめ順 年利 限度額
プロミス
プロミス
4.5%〜17.8% 1万円〜500万円
オリックス銀行
オリックス銀行カードローン
1.7%〜17.8% 最高800万円
モビット
モビット
3.0%〜18.0% 1万円〜800万円

ホーム RSS購読 サイトマップ